こんばんは。

ポチポチっとしていただけたら
励みになります! (すいません)

↓ランキングに参加しています。
クリックお願いします!


ADHD(注意欠陥・多動性障害) 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

AppleCEOのティム・クックが同性愛者であることを
カミングアウトしたことは記憶に新しいですが、
82ec94ff7d21e13382d019a22aa6bc9a_s
※写真はイメージです


同性婚を認める法案がアイルランドで可決しましたね。



昨日のテレビの反響も大きかったようですね。

↑この番組に出演していた東小雪さんが栗原類さんのツイートをRTしています。
 
 
やはり、マイノリティや社会的に偏見を感じるという点で
親近感を得やすいんでしょうね。
そう言う私もLGBTや身障者の方の立場は
ある程度理解しているつもりです。

多種多様であっていい。

それがADHD当事者の基本的な考え方です。
そうじゃないと自分の立場が無くなってしまいますから。

さて、、いろいろな情報を見る中でLGBTの方に
立ちはだかる主な困難は「結婚」と「子供」なんですね。

そこで、結婚についてちょっと考えてみたいと思います。

個人的には発達障害の方、障がい者の方 、LGBTの方の
目指すゴールというものは「そうっとしておいてもらう」ことだと思うのです。

別に他のマイノリティーの方と別け隔てなく、
一人の個人として偏見にさらされることなく、
人間関係や仕事なども含め、
穏やかに生活ができることだと思います。

つまり、自分が「発達障害」「障がい者」「LGBT」だ、
ということをとりわけ意識する必要のない状態だと思うのです。

それがなんだか

LGBTの議論が活発になって嬉しい

と言う意見を見かけて違和感を感じています。
確かに今LGBTの方は困難を抱えていると思います。
結婚するのも法的整備や偏見があって大変です。
でもその困難を二人で乗り越える、絆が深まる、と。
そう言う自分たち自身に陶酔していませんか?

禁じられた恋ほど燃え上がるものはありませんものね。
そして困難を乗り越える為には二人で手を取り合って絆も深まることでしょう。

今が旬の話題ですからメディアも注目しやすい。
叩かれることも含め、間違いなく神輿に担がれている状態でしょう。

それがいつか覚める時が来ますよ。
結婚ってめっちゃ大変ですもの。

相手の価値観とか性格だとか、或いは夜の営みとか。
ちょっとした違いで心は離れるものですよ。

結婚に願望を持ち過ぎだと思います。
そんなに結婚ていいもんじゃないですよ。

「行ってらっしゃいのチュー」だって
せいぜい新婚の1ヶ月ですってば。

同棲している人だともうそれすらしないのでは?

なので結婚にそんなにこだわらなくてもいいんじゃないかなあと。
確かに死ぬまでずっと一緒というカップルもあるでしょうけど
現状で離婚率3割ですよ。

男女ともに一人で普通に生活できるくらい稼げる状態なら
もっと離婚率が高まると思います。

遺産相続等は都度考えるとして
結婚が目指すべきゴールインだと言うのは
結婚産業の販促活動にほかなりません。

ある程度冷めた目で見た方がいいですよ。
本当に必要ですか?

ポチポチっとしていただけたら
励みになります! (すいません)

↓ランキングに参加しています。
クリックお願いします!


ADHD(注意欠陥・多動性障害) 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村